伊勢・志摩・鳥羽の話(2日目)

f:id:S_TAMA:20170828225522j:plain

2日目、志摩の賢島に向かう。賢島は近鉄の終着駅である。今までたどってきた道の地理関係を整理してみると、まず名古屋の南西には巨大な紀伊半島が位置しており、紀伊半島を太平洋沿いに進むと三重に入って四日市、県庁所在地の津、松阪と続く。すると東に半島内半島の志摩半島が伸び、そのまま東に進んで伊勢、鳥羽、そしてそこから南に向かった先が志摩となる。その志摩の賢島はなんといっても昨年サミットが開催された場所である。駅の改札を出ると向かいに待合室やコンビニがあり、その右手には階段があって2階にサミット記念館がある。名前をサミエールという。サミットと三重がかかっている。

f:id:S_TAMA:20170828231420j:plain

涼みながらサミットに関わる説明や資料を見て回った。覚えていること特にない。外は曇りだったが相変わらず暑い。それでもサミット以外にも、賢島のことを詳しく知らんと外に出て周辺を歩き回ることにする。蝉の鳴き声が風鈴の音色だったら幾分涼しかろうかとかどうでもいいことを考えながら、汗だくになりながら駅周辺を周った。

f:id:S_TAMA:20170905011608j:plain

f:id:S_TAMA:20170905011801j:plain

f:id:S_TAMA:20170905011852j:plain

駅に戻る。待合室に行くと元気溢れんばかりの子供達がいて、電車がまだ来ないかまだ来ないか確認しに行ったり来たり駆け回っている。こちらは疲弊してじっと電車を待つ。ようやく来た電車に乗り、次は鳥羽へ向かう。鳥羽といえば水族館かなと、水族館に行くことにしていた。

f:id:S_TAMA:20170905011956j:plain

水族館でよく見られるのは実は水族ではなく家族である。人間の家族、あとはカップル、友達連れ集団等が往々にして水槽の前に立ちはだかり、人気のある水族の生き物達をじっくりあまりよく見られないので、名前の知らない魚や隅っこの方にいたカピバラなんかをぼんやり見ていた。

f:id:S_TAMA:20170905012052j:plain

f:id:S_TAMA:20170905012126j:plain

f:id:S_TAMA:20170905012220j:plain

f:id:S_TAMA:20170905012302j:plain

鳥羽水族館にはなんと水族館にも関わらずスナドリネコがいる。ぼのぼのを知っている人ならスナドリネコさんは知的、大人、クレバーといったそんな印象かと思うが、実際のスナドリネコは真逆である。今日日近所の猫でももっと退廃して猫生に疲れ切っている節も垣間見えるように感じられるのに、ここのスナドリネコ達は走り回っては水辺の魚に猫パンチをくらわすという動きを延々繰り返していた。しかもゲージの前の説明文を読むと、スナドリネコは割と攻撃的な性格で自分より大きいサイズのヒョウなんかも倒してしまうらしかった。スナドリネコは危険である。あとアシカとかペンギンとかダイオウグソクムシとかを見た。水族館も堪能したので鳥羽を去ることにした。

f:id:S_TAMA:20170905012409j:plain

お昼ご飯を松阪でとることにして、その後本居宣長記念館に行こうと思っていた。電車で松阪へ向かった。せっかくなので松阪牛を食べる。適当に空いているお店に入り松阪牛ハンバーグの定食を食べたが、特段美味しさはよくわからなかった。値段は普通のハンバーグ定食の2〜3倍した。外に出ると大雨が降っていた。本居宣長記念館は諦めた。

f:id:S_TAMA:20170905012431j:plain

だいたいこんな感じかなと旅を切り上げることにした。JRに乗って名古屋に向かった。大雨の影響で少し新幹線は遅れていた。駅構内のスタバで買ったマンゴーパッションティーフラペチーノを飲みながら帰路についた。