nihonbashi

日曜になったら、朝早く起きて何よりも第一に奇麗きれいな湯に首だけつかってみようと、常は考えているが、さてその日曜が来て見ると、たまにゆっくり寝られるのは、今日ばかりじゃないかと云う気になって、つい床のうちでぐずぐずしているうちに、時間が遠慮なく過ぎて、ええ面倒だ、今日はやめにして、その代り今度こんだの日曜に行こうと思い直すのが、ほとんど惰性のようになっている。

                           夏目漱石

休日の早朝に日本橋に行って人のいない街の風景を撮りたいと思った。が、休日になるとなぜかいつもとは違って本当にもう起きられなくなってしまった。行けたからといって嬉しくて楽しくてしょうがないなんてことには特にならないが、やろうと決めたことは完了させないと悶々と気になりが残ってしまう質である。なんとかこの前の土曜に頑張って起きられて、せっかくなので始発電車に乗ってやろうと思っていたが、家を出るのにぐずぐず時間がかかってそれは失敗した。でも6時ちょっと過ぎくらいに日本橋に着くことが出来た。

f:id:S_TAMA:20170706235409j:plain

f:id:S_TAMA:20170706235633j:plain

f:id:S_TAMA:20170706235722j:plain

全く人がいない想定だったけどもちろんそんなことはなかった。休日の早朝の日本橋なんてどこも何も開いていないけど、道行く人はぽつりぽつりいた。新聞配達している人や、スーツを着ている人や、ゴミ収集されている作業員の方等がいた。車もそこそこ走っていた。

f:id:S_TAMA:20170706235831j:plain

f:id:S_TAMA:20170707000027j:plain

f:id:S_TAMA:20170707000114j:plain

でも比較的、といっても日常の日本橋をよく知っているわけでもないのだけど、人がいないのは確かだった。銀行のCMを映し出す銀行のモニターは誰にも見られてないのに延々動画を映し出していた。誰も乗っていないのに、エスカレータは登りは登りの運動を下りは下りの運動を左右でお互いにし続けていた。忙しなさの無いオフィス街に一人で浸っていたら、なんだか急にとても仕事をしたくない気分になった。

f:id:S_TAMA:20170707000209j:plain

そろそろ帰ろうと思った。朝ごはんをどこかで食べてから帰ろうと思った。朝定食を食べよう、そこらの牛丼屋あたりに入ろうかと思ったが、築地が近いので海鮮丼を食べるのが良いのではと思った。写真を撮りながら適当に歩いていたら小伝馬町という駅に着いていて、ここから築地には日比谷線で一本で行けた。築地駅に着き、築地本願寺に寄った後、場外市場をぐるりと回って、呼び止められて立ち寄った海鮮丼のお店ではうに・いくら・まぐろの三色丼にお味噌汁をつけて千円で、それはとても美味しかった。