araiyakushi

f:id:S_TAMA:20170528214604j:plain

駅南口を出てすぐのところにある新井薬師駅商店街。歩道には雨よけ日よけの屋根がかかり、家族の絵と標語の載せられたペナントが取り付けられた街灯が一定間隔で立ち並んでいる姿は昭和から続いてきた商店街の趣きがある。屋根のある通りを抜けると、今度は街灯に設置されたスピーカーから音楽の流れる通り。ゆったりとしたクラシックギターの名曲でCMか何かで聴いたことがあるのだけども曲名がわからない。*1 何となく少し穏やかに悲しい気持ちになる。商店街特有の悲しみ。真っ直ぐ進んで五差路に突き当たり、右手に進むと新井薬師がある。

f:id:S_TAMA:20170528215330j:plain

境内には出店があって乾物等が売られていた。参拝客もちらほらいた。子供達が遊んでいた。思うように走り回れる広さでもないので、皆だらっとした感じだった。ゆったり時間が流れているように思えた。

f:id:S_TAMA:20170528215615j:plain

西の門を出て右手に進むと中野通りという並木の大通りに出る。そこでまた右手に曲がり、10分くらいずんずん進んで踏切も渡って直進していった所に哲学堂公園という公園がある。西側の入り口から入る。造園され花が植わっている。川が流れている。古今東西の賢人の像が建てられている。斜面に木々が生い茂っている。登った先にはお堂があった。ベンチに座って本を読んでいる人や、おしゃべりをしている人達や、ただぼんやりしている人がいた。また別の所から降りていったその先には池があった。

f:id:S_TAMA:20170528215901j:plain

f:id:S_TAMA:20170528215947j:plain

f:id:S_TAMA:20170528220051j:plain

f:id:S_TAMA:20170528220206j:plain

f:id:S_TAMA:20170528220439j:plain

*1:思い出した。ゴンチチかなとピンときて、調べてみたらそうだった。曲名は"放課後の音楽室"というみたい。やっぱり穏やかに悲しい気持ちになるのに最適な感じのタイトルに思える。