ルノワール展

 ルノワール展へ行った。絵画鑑賞が趣味では全くないし、なんで行こうという気になったのか。以前新宿駅あたりで広告(ムーラン・ド・ラ・ギャレットが描かれていた)を見てからなんとなく直感的に行ってみようという気になっていたのではないかと思うが、そもそもそのきっかけもよく覚えていない。まぁ漠然と行ってみたいという気持ちがちょっと前からあり、そして本日有給が取れたので行ってみた(土日は混んでそうだと思ったので平日に行きたかった)。そして結果としては大変良かった。

 ルノワールの絵は印象派という様式に区分けされるのだけど、明るい柔らかい色で輪郭のはっきりしないぼやっとした感じの絵が多い。でその絵に対して、あまり何も考えないようにしてこちらもぼんやりした感じで観ていると絵の風景に意識が溶け込んでいく感じがしてきて、それが本当に良かった。絵って絵画や歴史に対する背景知識ありきで感動できるものなのかなと思ってたけど、こと印象派の作品についてはおそらくそういうのが無くても感動できる。周りに人はいっぱいいるが(平日だったけど割といた)、極力気にしないようにして自分と絵だけの世界を意識してそこに入り込んでいくようにすると、ああこういう体験が出来るんだという感じだった。